14270は1990〜2001年までの約11年間にわたって製造・販売されていたモデルです。以下にシリアル番号別の製造年などをまとめました。

ちなみにシリアルNo.自体は全モデルで共通です。14270はE番から最終P番までとされています。ただ14270にも元々王冠透かしが入っているモデルがあるようです。透かしは2001年からが濃厚なので交換時に入った可能性もあります。

Ref. 14270

シリアルNo.製造年
E000001~1990年~1991年
X000001~1991年
N000001~1991年
C000001~1992年
S000001~1993年〜1994年
W000001~1995年
T000001~1996年〜1997年
※ベルトがダブルフリップロックに変更
U000001~1998年〜1999年
A000001~1999年~2000年
P000001~2000年〜2001年

1987年後半から2010年まではシリアルナンバー頭文字にアルファベットと6桁の数字が使用されるようになりました。なお、上記の一覧はロレックス社から正式に公表しているデータではありませんので悪しからずご了承くださいませ。

賢いオーバーホールサービスの選び方

機械式時計の修理専門店は種類が多すぎて依頼主が満足できる価格帯で対応してもらえるか不明なサービスも多いです。そのためトラブルなくスムーズに修理を進めようと思えば数々の修理専門店を比較した情報収集が必要となります。
お勧め修理専門店の
特徴と違いを見る