ロレックスで人気の高いモデルにサブマリーナとエクスプローラーがあります。サブマリーナは海、エクスプローラーは山を代表するモデルとなります。

エクスプローラーは、1953年にエベレストへ登頂したエドモンド・ヒラリー氏が腕にロレックスを付けていたのを記念して作られたモデルです。過去に2度登頂に失敗した経緯もあったりでスポンサーのロレックスが正式に作成しました。

なお、登頂時は腕にエクスプローラー1が付いていたという話もありますが、当時の写真からロレックスのクオーツモデルだった説の方が濃厚となっています。

そして同じ1953年に発売されたのがダイバーモデルのサブマリーナです。サブマリーナはサブマリン(潜水艦)という言葉から由来しています。1900年代には海に関する様々な技術進歩がありました。海底探査による資源発掘、マリンスポーツの発達、様々な要因から海の歴史が積み上がっていきます。そして進歩の過程で海中での圧力に耐える腕時計のニーズが増えて出来上がったモデルです。

なお、サブマリーナは300m防水、エクスプローラーは100m防水となります。ちなみに昔のモデルでは各々で防水値が異なってきますのでご認識ください。

用途に合わせて選ぶのが吉

遊びや趣味が中心のカジュアルな使い道であればサブマリーナがお勧めです。逆にスーツやカジュアルのオンオフで使いたいならエクスプローラーとなります。

しかし、スーツでの使用のみに限定するとサブマリーナやエクスプローラーの三連ブレスよりも五連ブレスの方が向いています。しかし、時代的にサブマリーナをスーツスタイルにあえて合わせるという外し方もあるので問題はありません。

サブマリーナはサイズが大きいので袖口にうまく収まらない可能性もありますので所有されているカッターシャツの具合を見ながら試着すると良さそうです。

アンティークという選択肢

ロレックスのアンティークモデルであれば30万円程度から購入可能です。またアンティークはスーツスタイルにも非常によく似合います。アンティークモデルは34mmの小ぶりなサイズが多いので三連ブレスでも違和感は少ないです。ドレッシーな時は五連ブレスの方が自然ですがこのあたりは好みで決めましょう。

個人的にはカジュアル中心で考えるならサブマリーナ、スーツも半々で考えるならエクスプローラー、スーツ中心であれば5連ブレスのモデルだと思います。

賢いオーバーホールサービスの選び方

機械式時計の修理専門店は種類が多すぎて依頼主が満足できる価格帯で対応してもらえるか不明なサービスも多いです。そのためトラブルなくスムーズに修理を進めようと思えば数々の修理専門店を比較した情報収集が必要となります。
お勧め修理専門店の
特徴と違いを見る