はじめまして!ワイト(YTO)と申します。普段はWeb開発やWordPressを活用した集客に取り組んでいます。当サイトは趣味を兼ねた個人ページです。運命の腕時計としてロレックスを検討されているあなたに情報をまとめました。

僕がロレックスと出会ったきっかけ

ロレックスは小学生の頃に父親から名前を教えてもらって知りました。自宅にはコレクションとしてアンティークのロレックスやホイヤー(TAGがない頃)のダイバーモデルや手巻きのオメガなどいくつかの古い腕時計が置いてありました。

僕には腕時計をする習慣はなかったのですが、高校の合格祝いとして父親からSEIKOを譲り受けて腕時計をする生活が徐々に当たり前となっていきました。

しかし、10代の頃は慎重に扱うことを知らなくて初めてのステンレス時計なのに遠慮なく荒々しく使用し、見るも無残な状態にしてしまった記憶があります。おそらく大切なコレクションの1つだったはずなので思い返すと胸が痛みます。

譲り受けた腕時計は最終的にどこかで失くしてしまいました。そして今は機械式時計やクオーツ時計などをすべて含めて合計5つほどの時計を所有しています。

人生で初めて手に入れたロレックス

初めて購入したモデルはサブマリーナデイト(16610)D番。2005年にヨドバシカメラで購入しました(ポイント還元で実質40万)。当時は21才。何かの記念といった訳ではありません。ちょうどその頃乗っていた愛車(S-MX)を売ってまとまったお金が入ったので思い出として手に入れたのが初ロレックスです。

購入当初は飛び上がるような嬉しさで毎日腕につけて仕事をしていました。当時コールセンターで働いていましたが普段つけ慣れていない腕時計なので壁やドアにぶつけまくり、すぐ薄傷だらけになってしまったことを覚えています。

そして7年目にオークションで手放してしまいました。すごく気にいっていたのですが毎日つけるには小柄な僕には少し負担が大きかったのが主な理由です。またスーツを着る機会が少しずつ増えてきた背景もあって自分にはオーバーサイズ気味なサブマリーナをスーツと合わせる違和感等から売却へ至った次第です。

ちなみに当時はヤフーオークションしか販売する手段がなく出品してすぐ40万円以上で落札されたことを覚えています。後から考えると約6年間無料でロレックスを所有したという特別な経験になりました。でも今考えればそのロレックスは60〜80万円するのでいかに価値が高いか体感いただけるかと思います。

腕にロレックスが鎮座していた頃は店頭の店員さんが妙に丁寧な対応だったり、仕事の商談が速く決まったりその頃はロレックスの恩恵だとも気づかず過ごしていました。何事も気づかなければ軽率な行動をとってしまうのが人間の性。ロレックスを手放してからはまたいつも通りの生活へ徐々に戻っていきました。

その頃の自分はロレックスに支えられていた状況に気づきもせず、腕の上に中型バイク(大金という意味)が乗っているような感覚すら覚える弱き若者でした。知らぬが仏という言葉もありますがあの頃を思い返すと相当無知でした。今も油断は禁物と言い聞かせていますが少しは見える範囲も広がったかもしれません。

しかし、あの頃の腕に着けた感動が忘れられず「またいつかはロレックス」とずっと願いながら生活をしてきました。そして、先日ふとしたきっかけから思い切って『エクスプローラー1(114270)』を手に入れました。昔から縁起物が大好きなので平成最後の1月に1が並ぶゾロ目の11日(大安)に購入しました。

しかも、商品到着日が1月14日でエクスプローラ−1(114270)頭文字が一致する日に受け取れる奇跡的な語呂合わせに巡り会いました。

宝物のエクスプローラー(114270)

エクスプローラーを選んだ3つの理由

サブマリーナデイトは素晴らしくかっこいい時計でした。ただ日本人体型の僕には気持ち大きく重量があった点とスーツ時に目立ちすぎる点が悩みの種でした。

そして、その両方をクリアしていたのが「エクスプローラー(114270)」。実は高校生の頃に一度腕に着けて精悍な顔立ちに惚れ惚れした記憶があります。

エクスプローラーにはモデルが3つあります。1990年代の「14270」、2000年代の「114270」そして2010年より現在まで続く「214270」の3兄弟。

214270ではケースサイズが39mmになりました。14270と114270はともに36mmのケースサイズです。細部の仕様は製造年毎でいくつか異なっています。

ここでは細部の違いは省略しますが、僕がこだわった点は以下3つとなります。

1. ベルトがダブルロック

14270にはシングルロックのブレスレットがあります。シングルにはシングルなりの良さもありますが、サブマリーナと同構造のダブルロックが好みでした。多少乱暴に扱ってしまう性格なのでシングルでは外れる不安がありました。

安心のダブルロックバックル

2. ガラスに王冠の透かし

これもサブマリーナにあって感動した1つです。光の具合でサファイアガラスの6時位置にレーザー刻印された王冠マークの透かしが映ります。しっかりと見ない限り見えない“隠れコマンド的”なロレックスの遊び心が好きです。

6時位置に浮かぶ王冠マークの透かし

3. ルーレット刻印なし

ルーレットが刻印されたモデルは文字盤内側にある円のフチに沿って「R O L E X R O L E X」と刻印されています。巷ではルーレット刻印ありの方が人気があります。僕はシンプルな顔立ちが好みだったので候補から外しました。ルーレット刻印には6時位置側にシリアル番号も刷られているのですがランダムな文字列ならガラス越しに見えない方が美しい気もしました。ルーレット刻印は10%程度相場がアップします。そのため刻印なしバージョンはお買い得感もあります。現行214270は刻印が標準化されているのでなしがレアになる日も近いかも。

ルーレット刻印がないシンプルな外観

ロレックスが持つ本当のパワーとは?

今回の購入では第一に使い道を考慮してエクスプローラーを選びました。端的に言えば「オールマイティに使えるロレックスが欲しかった」という理由です。実はアンティークモデルもたくさん探しました。しかし、思ったより手巻きモデルが多く程度の判断も難しかったのであえて2000年以降のモデルに絞りました。

ロレックスは誰もが知っている信頼できるブランドです。ごく稀にあえて避けるという攻めた強者も居るようですが、僕はケースバイケースだと考えています。

もしあなたが入社したてのサラリーマンであればロレックスを着けていると先輩に厳しい目で見られるかもしれません。状況によっては「客先へ出向いた時に嫌味」とか嘘の理由をつけてまでひがんでしまう上司も少なからず居るはずです。

しかし、逆に自営業などある程度立場があれば必ずロレックスを選ぶべきです。それは先述した通りで「誰もが知っているブランドだから」に他なりません。

悲しいかな僕たちは「お医者さん」と聞くとほぼ無条件で信頼してしまいます。また仕事上でお付き合いのある人がベンツに乗っていれば安心感すら覚えます。イメージしづらい方に向けてあえて今っぽい話で例えると、Youtuberの撮影で背景に本棚(1万冊)が写っていると勝手に知識が豊富な人と見てしまいます。

人は知らず知らずの内にイメージという曖昧な解釈で物事を見ています。これは不思議な現象ですがまぎれもない事実です。あなたもご経験はないでしょうか?

少し表現が難しく伝わりづらいですが、誰もが知っているブランドをあえてつけるという選択肢はある種の「もてなし」だとも言い換えられます。単なる自己満ではなく“第三者に特別な空間を提供する努力でもあるという意味”です。

これらは「あなたとの時間は私にとって特別なので少しでも満足してもらえるような空間作りに徹しています」というメッセージにも近いです。冠婚葬祭のような大事な場面でのジャージ姿は失礼になりますが、気合の入ったドレスやスーツであれば来訪者側の本気度も伺えて少し嬉しくなりますよね?それと同じです。

つまり華やかなアイテムを身に纏う(まとう)という行為は、同時に相手を立てる意味合いとほぼイコールとなります。しかし、深く考えずに軽率な行動をとってしまうと諸刃の剣。間違ってもアピールはせず控えめに存在させるという思いやりが何よりも大切です。意味を解った上での意図的な配慮が重要となります。

意識するべきは将来的な“費用対効果”

あなたをより魅力的に援護してくれる最高のブランド「ロレックス」。腕に着けているだけで人間力までアップしたかのように見える魔法のアイテムです。

腕にロレックスがある状態でデパートなど店頭へ出向くと店員さんの対応がよくなるのは何も不思議な出来事ではありません。やはり店舗側としては少しでも良いお客さんがお店のファンになってくれるに越したことはないからです。

もし仮にジャージ姿でも腕にロレックスが着いているだけで「今はあえてのジャージなんだろう」と勝手に良いように解釈されてしまうのもブランドの力。今は戦国時代ではありませんので切れ味の良い刀を持っていても役に立ちません。しかし同じような威力がある魅惑的なアイテムを身に着けられる自由な時代です。

それにロレックスは時代とともに価値がどんどん上昇していきます。通常のサブマリーナでも10年前と比べて2倍以上(限定モデルは6倍)です。でも安くなる買い時をずっと狙っていてもキリがなく、おそらくは見抜けません。

1日でも早く手に入れて当たり前のように毎日ガシガシ使っていくのが本来の在り方です。一流の製品へ触れる体験で新しい価値観を持ち、自身をグレードアップしていく過程こそロレックスとの正しい付き合い方とも言えそうです。

せっかく買っても家のクローゼットで寝かしてしまうのならタンス貯金と何ら変わりません。将来的な価格上昇を狙って差額から利益を出すなども使い方としては誤っているでしょう。それなら株式や仮想通貨の方が向いています。

しかしながら、購入した後「もしかしたらそんな気も…」ではいけません。的確に違いを見抜く本物になってください。同じ店にわざと外して行ったり、後日見える格好で行ったり日々気づき力を上げていく工夫に取り組みましょう。

あなたの運命を変えるロレックスと出会えることを心より願っております:)